Rakuten Link「着信転送」サービスは「無料」ではなかった!

スマホ
スポンサーリンク

Rakuten Link「着信転送」サービスとは?

Rakuten UN-LIMITの売りのひとつは「Rakuten Linkアプリ」を利用した無料通話・無料メッセージです。電話をよく使う方にとってはとてもありがたいサービスです。Rakuten Linkアプリのオプションサービスに「着信転送」があります。かかってきた電話を、あらかじめ登録済みの別の電話へ転送できるサービスです。このオプションは楽天モバイルアプリから設定できます。

Rakuten Link「着信転送」サービスを設定してみる

Rakuten Link「着信転送」サービスの設定は、「my楽天モバイル」で行います。「契約プラン」を開き「プラン・サービスの設定」をタップします。「通話サービス」の「着信転送」のところにはこんな説明書きがあります。「着信転送 0円/月」「かかってきた電話を、あらかじめ登録済みの別の電話へ転送します。転送パターンは4種類から選択可能です。」と。転送先の電話番号を登録してスイッチをONにすれば月額料金0円で転送サービスが受けられることになります。

「0円/月」の意味は?

「着信転送」サービスの説明を見ると「0円/月」との表記があります。このオプションサービスは無料という意味です。ここで、「着信転送サービスを設定しても一切お金はかからない」と思いがちですが、実はこの「着信転送」のオプションサービスを設定すると「ある料金」が請求されてくるのです。

無料の「着信転送」サービスでも転送時の通話料がかかる!

Rakuten Linkアプリを使えば全ての通話料は無料、という固定概念があると、Rakuten Linkアプリから転送されてくる電話も「通話料が無料」と思い込んでしまいがちです。しかしながらRakuten Linkアプリが転送してくる電話には「かけ放題」(無料通話)は適用されず「30秒20円」という金額で通話料が請求されてくるのです。「ある料金」とはこの転送されてくるときの通話料なのです。このことは「着信転送」サービスの概要には書かれていません。ですから「0円/月」だけが目に入り、転送時の通話料がかかる認識なく、このオプションサービスを申し込んでしまう場合があるのです。

転送時に通話料がかかることは「ご利用方法・注意事項」に記載されている

「着信転送」サービスで通話料かかかることの説明は「ご利用方法・注意事項」のページに次のように記載されています。「転送中は転送者に通話料が発生します。(20円/30秒)」と。「転送者」とは着信転送のオプションサービスを申し込んだ自分自身となります。「0円/月」と記載されている概要のところには通話料に関することが書かれていません。様々なサービスを申込するときは、注意事項など最後までよく読む必要がありますね。

Rakuten UN-LIMITのsim無しで、Rakuten Linkアプリを利用するときは「留守番電話」を利用すると完全無料で運用できる

Rakuten UN-LIMITのsim無しで、Rakuten Linkアプリを利用して電話の発着信をしたい場合は「着信転送」にすると、通話料がかかります。通話料をかけずに快適に利用するためには「着信転送」ではなく、「留守番電話」に設定すれば確実に電話を受けることができます。電波の影響でRakuten Linアプリで直接受信できない場合でも、着信履歴から「掛け直し」をすることで、確実に連絡を取ることができます。 Rakuten UN-LIMITのsim無しでRakuten Linkアプリを使う場合(WIFIまたはMVNOなどの別のsimを使う場合)は、「留守番電話」を設定をお勧めします。

当初はRakuten UN-LIMITのsim無しスマホで、Rakuten Linkアプリでの電話の着信ができない場合がありましたが、アプリの仕様が変更されたのか、最近ではRakuten UN-LIMITのSim無しでもRakuten Linkアプリでの着信ができるようになっているようです。しかしながら楽天回線エリアの問題もあり、「留守番電話」に設定しておくと確実に着信を認識することができます。

MVNOのsimで、低速(200Kbps)モードに設定し、Rakuten Linkで電話かけ放題で利用していますが、音質は全くと言っていい程問題ありません。至って良好です。また、Rakuten Linkアプリはデータ通信を利用していないようなので、低速モードでも高速モードでも音質は変わりません。データ通信を使うIP電話とは、比べ物にならないくらい快適です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました