冷えなくなった冷蔵庫を自力で復活させる方法

スポンサーリンク

冷蔵庫もいつかは壊れる!?

冷蔵庫の普及率はほぼ100%で、どこの家にも必ずある家電製品のひとつです。ですから、あって当然、使えて当然、冷えて当然、まさに日常生活そのもので、空気のような存在の家電製品なのです。しかしながら長年使っていると、その空気のような存在の冷蔵庫がある日突然、ドアを開けると冷気を感じない、何となくなま温かい、そんなときが来ます。そう、冷蔵庫もいつかは故障して冷えなくなる時が必ずやってくるのです。

冷蔵庫が壊れると一大事!

普段空気のような存在なのですが、冷蔵庫が突然冷えなくなると、一大事になります。まずはアイスや冷凍食品が解凍され即全滅状態になります。製氷室の氷もとけます。次に冷蔵品、肉や鮮魚の生ものもあっという間に傷みだします。続いて野菜や果物も傷みだしやがてすべてゴミとなっていきます。

誰もが考える冷蔵庫の買い替え

大体このような現象は、新品の冷蔵庫を購入して、7から8年目に起こることが多いようです。5年間などの長期補償が切れてからの「経年劣化か?」と感じられる時期になぜかやってくるのです。「もう寿命かな」と自分勝手に解釈して、頭はすぐに買い替えモードになってしまいます。中にはメーカーの相談室に問い合わせを入れる場合もあると思いますが、「買い替え時期ですよ」「故障の調査やその修理には、それなりの費用が掛かってしまい、結果的に修理不能の場合もあますがよろしいですか」「修理するより新しく買い替えた方が、省エネ効果もありお得ですよ」など、当然買い替えを促す返事が返ってきます。

冷蔵庫が冷えなくなる原因とは?

冷蔵庫が冷えなくなる原因は、たくさんあるのでしょうが、電源が全く入らないとか、何の音もしないといった場合は、電源系統や基盤、コンプレッサーそのものの故障が考えられますので、間違いなく買い替えた方が無難かと思われます。
しかしながら、「いくつかある冷蔵室、冷凍室の1室が冷えない」とか「冷え方が弱い」といった場合は、冷蔵庫内を冷気が循環している通路が何らかの理由で塞がれている、または狭くなっていて、冷気がうまく循環されていない、ことが考えられます。この冷気の通路を狭くしている、または塞いでいる主な原因は「霜」なのです。冷気の通路に「霜」がついてしまう原因は、冷蔵庫の扉を開けっ放しにしてしまう、半ドア状態で放置される、ドアの開閉が頻繁にされる、などの状態がきっかけとなるようです。一度「霜」が付き始めると、冷気の循環が悪くなり、さらに「霜」が増えて成長していきます。このころになると「冷蔵庫の冷え方が弱くなった」と感じるのです。冷蔵庫は常に冷やそうと冷気を送り続けようとしますので、そのままでは一度ついた「霜」が解けることはありません。さらに進むと、やがて完全に冷気の通路が完全に霜で覆われ、冷気の循環が途絶えてしまうのです。

「霜」はどこにある?

この霜は冷蔵庫内部で発生する場合も多く、外側やドアを開けて庫内を覗いてもわかりません。ですから「霜」を手で取り除くことは不可能です。しかしながらこの「霜」を取り除くことができれば、再び冷気が循環し冷えるようになる可能性は高いのです。

「霜」を取り除く方法とは?

冷蔵庫の電源が入っていると、常に冷やそうとするので「霜」が勝手に取れることはありません。つまり、この「霜」を取り除く唯一の方法は、冷蔵庫全体を温めて「霜」をとかす、ということになります。具体的には、冷蔵庫内のすべてのものを取り出し、電源コンセントを抜き、扉を全開にしてしばらく放置する、という作業になります。
放置する時間は大体24時間~48時間が目安となります。「霜」が解け始めると、冷蔵庫内に水が染み出してきます。水が染み出してくるということは冷えなくなった原因が「霜」であった可能性が非常に高くなります。出てきた水はふき取るなどして、完全に水が出てこない状態になるまで放置することが必要です。

電源再投入で完全復活!

水が出なくなり、乾いた状態が続けば放置を終了するときです。次にやることといえば電源の再投入です。かなりの確率で、新品のように冷蔵庫がギンギンに冷え始めるでしょう!まあ、それでもダメな場合もあるかと思います。その時は、買い替えるしかありませんね。
冷蔵庫も400リッター以上のクラスになると20万円程度かかりますので、同じような症状の場合は、この放置プレーをダメもとでやってみる価値はあると思います。実際にこのやり方で、突然全く冷えなくなった8年目の冷蔵庫を丸2日間放置し、電源を再投入したところ、完全復活しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました