紙焼き写真をスマホだけで簡単にデータ化する

スポンサーリンク

紙焼き写真の時代があった

デジタル写真が登場するまでの写真と言えば紙焼き写真でした。カメラにフィルムを装着し、撮影が終わったらフィルムを現像に出して紙に焼いてもらう、という流れです。出来上がりは、現像されたフィルムと紙焼き写真がセットで戻ってきます。いわゆる「同時プリント」というものです。焼き増しが必要なときは現像されたフィルムのケースに枚数を記入して写真屋にもっていきます。すると焼き増しした紙焼き写真が出来上がるのです。写真屋によっては紙焼き写真を入れるミニアルバムを無料付けてくれる場合もあります。

紙焼き写真はかさばり劣化していく

そんな紙焼き写真の同時プリントを繰り返していくと、どんどん溜まってきます。いつかはちゃんとしたアルバムに整理したいと思いつつも、写真が溜まるスピードの方がはるかに速く、「いつか」は永遠にやってきません。やがて段ボール箱に入れられ封印されていきます。紙焼き写真とフィルムのセットが崩され、ばらばらになり焼き増ししたくてもフィルムが見つからないといった事態も起こります。さらに時の経過とともに紙焼き写真はどんどん色あせて劣化してきます。

写真が劣化する前にデジタル化したい

写真のデジタル化が進み、今では撮った写真の保管スペースや劣化を一切考えずに好きなだけ写真を撮れる環境が整っています。しかもスマホや通信環境があれば無料で無制限に写真を撮り保存し、いつでも閲覧できる状況にあります。プリンターがあればプリントすることも可能です。そのような環境だからこそ昔の紙焼き写真の存在がさらに忘れ去られてしまうのですが、やはりそんな紙焼き写真だからこそ、劣化して消滅する前に何とかデジタル化して保管、管理したいと思うものです。

紙焼き写真のデジタル化を手軽に簡単に行う方法

紙焼き写真をデジタル化する方法として、スキャナーで画像として取り込む方法を考える方も多いと思われます。そのような方法で取り込むを行うためには、パソコン、スキャナー、画像取り込みソフトなどが必要となります。パソコンを使うというところが結構ハードルが高くなるのです。常時パソコンを起動している環境であればあまり感じないかもしれませんが、普段はOFFにしているパソコンを立ち上げるというのはちょっと面倒に感じます。

そこで、スマホの無料アプリだけで簡単に紙焼き写真を取り込める方法があるのです。スマホは常に電源をONにしていると思われますので、空き時間を利用して紙焼き写真を1枚単位で取り込むことができデジタル化ができるのです。

「フォトスキャン by Google フォト」を使う

スマホの無料アプリに「フォトスキャン by Google フォト」というのがあります。紙焼き写真の写真をスマホで撮って、データ化して保存するという流れです。ポイントは、紙焼き写真をスマホカメラで撮影すると、光の反射が映り込んでしまったり、真上から撮ってもスマホの角度で若干変形(台形)してしまったり、写真の端が曲がったりしてしまいます。このアプリはこれらの問題点をすべて補正してデジタル化してくれるのです。その仕上がりはとても無料アプリで作ったとは思えないレベルの高いものです。

その出来上がりのレベルの高さが、さらに紙焼き写真デジタル化へのモチベーションにつながります。単なる「作業」から、創造性のある「作品づくり」に変化していきます。大量の紙焼き写真のデジタル化が「楽しみに」なるのです。機能的な部分も優秀ですが、人の心の変化をもたらすことができる機能も兼ね備えたアプリだったのです。試したことのない方は是非やってっみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました