アルコールストーブのベストスタッキング

自然
スポンサーリンク

アウトドアライフを豊かに

アウトドアで簡単にお湯を沸かせることができれば、ちっと贅沢なひと時を味わえます。日帰り登山やハイキングなどで、コンビニおにぎりとペットボトルのお茶という組み合わせは実に手軽なのですが、やはり何となく味気がありません。

現地でお湯を沸かすことができれば、温かいスープや本格的なドリップコーヒーなども味わえます。アウトドアライフに彩を与えられます。

すべてにやさしく、お湯を沸かせれらる機材とは?

そのひと時のために湯沸かしの機材が必須です。その機材は、よりスマートで簡単、コンパクトで軽量、そして環境にやさしく安価で壊れ難いものを選びたいところです。その条件を満たすべく、アルコールストーブの湯沸かしセットをスタッキングしてみました。

まずはポット選び

湯沸かし容量は2~3名分のコーヒーの量700~800mlを想定します。湯沸かしのみ考える場合、この湯沸かしポットが最も大きいものになりスタッキングのすべての入れ物となります。

ポットもタテ型、ヨコ型、やかん型などいろいろありますが、スペース効率の良いタテヨコそれぞれ11㎝のEVERNEW Ultra-Light 1.0Litter Titanium COOKWAREとしました。チタンなので実に軽く丈夫です。ケースとしては申し分ありませんし、湯沸かしのほかパスタも茹でられます。ちょっとした注ぎ口もあるので何かと便利です。

DSC_0037

この中に湯を沸かすために必要なものをスタックしていきます。必要なものはまず燃料です。燃料に何を使うか?最も手軽で火力も申し分ないのは、ガス缶にガスバーナーを取り付ける方法です。コンパクトなものを選べば、このポット内に十分収めることができます。ただし、ガスバーナーの故障リスクや金額、ガス缶(OD缶)の入手難度や金額、使用後はゴミになり潰せないのでかさばる、ガスの残量により予備のガス缶を持ち歩かなくてはならない、燃焼音が結構気になるなど、特徴があります。

環境にやさしいアルコールストーブが最適

そこで登場するのはやはりアルコールストーブということになります。アルコール燃焼させるための容器で複雑な機械構造もないため滅多に壊れません。アルコールを入れて火をつけるだけ、コンパクト、軽量、比較的安価です。燃料用アルコールは普通のドラッグストアで売っていますし、500mlで300円程度で買えます。アルコールを必要な分だけ持ち歩けば現地ではゴミは一切出ません。アルコールが燃焼し始めると結構火力は強いのでお湯を沸かすのであれば全く問題ありません。唯一の弱点は、風に弱いというところですが、風よけをすれば大丈夫です。

こちらのタイプのアルコールストーブは取っ手付きの火消し蓋と燃料を入れたまま持ち運びができる蓋がついているので燃料を効率的に使うことができます。

五徳と風防はアルコールストーブの燃焼効率優先で選択する

このアルコールストーブにポットを乗せるためには五徳が必要になります。このタイプのアルコールストーブに直接設置できる五徳もありますが、そのような五徳を付けるとそのままでは火消し蓋をかぶせることができません。途中で火を消したい場合はポットを下ろし、五徳を外す必要があるのです。ちょっとした手間と火傷のリスクが伴います。もう一つの問題は、アルコールストーブに直接つける五徳は、どうしても鍋底と炎の距離が短くなってしまうため炎が鍋側面にまわってしまい、効率(燃費)が悪くなるということです。

そこで、こちらのGaobabの風防兼五徳を試したところ、炎と鍋底の距離が最適になり効率よく湯を沸かすことができました。風防にはアルコールストーブに火消し蓋をかぶせることができるように窓が開いています。ポットも下ろす必要もなく五徳も取り外す必要もなく途中で火を消すことができます。さらにこの五徳兼風防はアルコールストーブの他、固形燃料や小枝などの自然燃料にも対応でき、アルコール燃料切れとなった場合でも多様な方法で使用することができます。

DSC_0020

こちらの五徳兼風防は専用ケースがあり、失くしやすい五徳を収納できます。またスタックした時に内部を安定させ、傷なども防げます。

DSC_0028

スタッキングの実際

この五徳兼風防には400~600mlぐらいまでのマグカップもスタックできます。このマグカップの中にアルコールストーブ本体を収納することができます。

DSC_0030
DSC_0033
DSC_0034
DSC_0035

この状態でもポットを利用せず、マグカップだけで湯を沸かせるセットになります。ソロハイクなどではこれで十分です。ポットを使う場合はコイツをポットの中に収納すればスタッキングは完成します。これがなんと過不足なくこのポットにピッタリはまります。

DSC_0036

この状態でポットの蓋がカチッとはまって、自然に外れることはありません。見た目は湯沸かしポットだけのようになります。

DSC_0037

100均グッズも大活躍

実際に使用するときは100均一(セリア)で売っているステンレス皿を敷くとテーブルなどにダメージをあ絶える心配はありません。また、小枝などを集めて自然燃料を使うときも肺の受け皿は必須となります。ぜひお試しを!

DSC_0024

マグカップを乗せても収まりは良いです。Gaobabu400mlマグの底がピッタリはまるように五徳の上に溝があります。多少斜めでも全くずれません。

DSC_0026

コメント

タイトルとURLをコピーしました